大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

ユニクロUのカーブジーンズはサイズ感より足の長さが課題


ユニクロの神デニムこと、美脚ジーンズの「ワイドフィットカーブジーンズ」が人気を呼んでいます。ワイドシルエットでありながら、ウエストは細く、足長に見える仕掛けはどうなっているのか、履いて確かめました。

 

ワイドフィットカーブジーンズ

ワイドフィットカーブジーンズ

 

 

 

UNIQLO Uの粋が詰まったデザイン

裾に向かってゆるやかにカーブしているラインは、さすがクリストフ・ルメール率いるUNIQLO Uらしいデザイン。厚手の綿100%で、ヴィンテージ感があって3,990円というお値段も魅力的です。

試し履きしたのは、サイズ24(ウエスト61cm)でカラーは65BLUE。下の画像の67BULEよりも薄い色で、ユーズドな雰囲気があります。

 

ワイドフィットカーブジーンズ

 

GUの神デニム(ハイウエストストレートジーンズ)の時と同じく、試着室の中で写真を撮ってみました。ちなみにGUは2,490円でありながら、綿100%でストレート感も良かったのですが、お尻が四角く見えるのが気に入らなかったので、購入をやめた経緯があります。

www.connoisseur12.com

ワイドフィットカーブジーンズは裾が引きずるほど長かった

ワイドフィットカーブジーンズはどうでしょうか。靴を脱いで試着室で履いてみたところ、想像した以上に丈が長いです。

私は身長162cm、股下74cm、ヒップ86cm。GUの神デニム(Sサイズ)は切らなくてもいいレングスだったのに、ユニクロの場合は裾を折り上げるか、カットするしかありません。まあこれが一般的なジーンズのレングスなんでしょうけどね。

 

ワイドフィットカーブジーンズ

 

ワイドフィットカーブジーンズのレングス(股下)は82cm。裾を7~8cm折って、試着室に置いてあったヒール高めのミュールを履いたら、ちょうど良い長さでした。

 

ワイドフィットカーブジーンズ

 

ワイドフィットカーブジーンズのデメリット

正面を向いたら、あれ? せっかくのカーブが分かりません。このデザインって、足の長い人が82cmのフルレングスで履かなくちゃ、美脚にはならないのでは?と思いました。

 

ワイドフィットカーブジーンズ

ワイドフィットカーブジーンズ

 

ウエストからヒップラインを見てみましょう。私の偏平尻には、やっぱり四角くて大きい(笑)。横に広がった感じがします。

 

ワイドフィットカーブジーンズのヒップライン

 

ブランドタグや皮パッチは付いていません。

 

皮パッチは付いていない

 

ハイライズワイドストレートジーンズとは商標が違うだけだった

試着を終えて、念のためにラベルをチェックしたら、意外なことに気付きました。「ハイライズワイドストレートジーンズ」って書いてある! でも平積みしてあった場所は「ワイドフィットカーブジーンズ」のコーナーだったんですよ。

 

ハイライズワイドストレートジーンズ

 

試着室を出てスタッフに事情を聞きました。どちらもUNIQLO Uでレングスは一種類。

春夏に人気のあった「ハイライズワイドストレートジーンズ」の商品名が変わり、「ワイドフィットカーブジーンズ」になったんだとか。商標タグは徐々にカーブジーンズに置き換わっていくそうで、今は両方が混在しているのです。

 

「どこか新しく変わった点はあるんですか?」とスタッフに尋ねたら、「どうなんでしょう?」と頭をかしげつつ、両方を重ね合わせて比較してくれました。カッティングは同じ、生地も同じ、違っているのは「ハイライズワイドストレートジーンズ」が中国製で、「ワイドフィットカーブジーンズ」がバングラディシュ製だったこと。工場によって違いがあるのかは分からず、結局は積んであった場所に戻しました。

 

ジーンズよりもワイドフィットカーブパンツのほうがいい?

せっかく店舗まで来たのだから、まだ諦めたくない。いっそデニムじゃなく、「ワイドフィットカーブパンツ」ならどうでしょうか。BLACKとDARKBROWNのサイズ61を試着しました。

 

ワイドフィットカーブパンツ BLACK

 

デニム生地とは違うせいか、丈が長すぎてもカーブしているのが分かります。でもBLACKでこのワイド感、見覚えのある形は、1980年代にツッパリ男子学生が履いていた「ぼんたん」みたい。

 

手に取って眺めているお客さんが多かったDARKBROWNにもチャレンジしました。裾を折り上げても、カーブはきれいに出ています。

 

ワイドフィットカーブパンツ DARKBROWN

 

「ワイドフィットカーブパンツ」を買うとすればBLACK以外だと思いましたが、裾を切ってしまえば足が長く見えるわけじゃないので、これも却下です。買うべきメリットが見つかりませんでした。

 

ジーンズは1年で終わる流行を追いかけない

やっぱり私の年齢では流行のデザインに凝らない、オーソドックスなストレートが安心できます。ジーンズは履いて風合いを育てていくものだと思っているので、1年で流行遅れになってしまうものは要りません。

下の記事ではユニクロの「ハイライズワイドジーンズ」と、LEVI'S(リーバイス)の「ジャパンメイド701」を比較。マリリン・モンローが愛した美脚&美尻ジーンズを履き続けることにしました。

 

www.connoisseur12.com 

リーバイス701

LEVI'S®MADE&CRAFTED™ 701 セルビッジ MEDIUM STONEWASH