大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代からの高見え若見えコーデ&エイジングケアのブログ

充電式のShiro's(シローズ)で30秒の音波時短ハミガキ&15分のLED照射ホワイトニング


歯磨きの時間は少なくとも3~4分は必要と言います。それをたった30秒で磨ける歯ブラシがあったら楽チンだと思いませんか。さらに15分のLED照射でホワイトニングも!  「音波時短ブラッシング、口腔ケア、360度効率歯磨き、LED照射ホワイトニング」の4つの機能を持つShiro`s(シローズ)を入手してから、デンタルケアが苦じゃじゃなくなりました。美容には口臭を気にせずに済む、ツルツルの白い歯がマストです。

 

Shiro's(シローズ)

Shiro's(シローズ)

Shiro`s公式ショップ

 

 

よくあるLEDホワイトニングのデメリット

ネットでLEDホワイトニングを検索すると幾つか商品が見つかります。よく出てくるのがスマートデント。専用のホワイトニングジェルとセットで8,100円。Amazonや楽天でも売っています。

 

スマートデント

スマートデント

 

似た名称のスマートホワイトは、専用ジェルとセットだと6,420円。

スマートホワイト

使うときはマウスピースを口に入れたら、プラグをスマホにさして電源を取り、15分ほどLEDを照射します。でも器具を水に濡らしちゃいけないし、スマホの充電は減るし、1回当たり200円~なんですよね。歯医者さんでホワイトニングするよりはリーズナブルですが、専用ジェル(15g 1,620円)は7~8回で無くなります。2日に1回ホワイトニングしたら、ジェル代が月に3,000円以上かかるじゃないですか。

 

Shiro's(シローズ)のメリット

それではシローズのお値段はと言うと、Shiro's泡ハミガキが付いてきて、税込・送料無料・10日間保証で13,800円(通常価格19,800円)。高いんじゃない?とお思いでしょうが、機能を見たら他社のLEDホワイトニングの比ではないことが分かります。

 

シローズ

シローズ

 

1回の充電で約25回使用できる

給電はスマホじゃなく、充電用スタンドが付いてくるので、USBプラグを電源につないでおけば1時間で終わります。フル充電で25回ぐらい使用できます。

 

シローズの充電

 

 青いライトがゆっくりと点滅して、夜は幻想的な雰囲気。枕元に置く灯りにも使えそうです。用途を知らない人が見たらスタンドかと思うでしょうね。

 

入浴しながら使える防水設計で丸洗いも可能

防水はIPX7レベル(マックスは8レベル)。30分間、水没していても水が浸入しません。シャワーを浴びながらや、お風呂に浸かりながらでも使用できるんです。使い終わったら、ヘッドもしくは全体を水洗いできるので、いつも清潔さをキープできます。口に入れるものですから、いちばん重要なポイントかも。スマホで給電するタイプじゃ絶対に無理ですよね。

 

 FDA(アメリカ食品医薬品局)の認証取得

FDAの認証マーク

 

充電スタンドの裏には、FDAの認証マーク。日本の厚生労働省とも言えるFDAがシローズ音波歯ブラシヘッドの安心安全性を認めたというマークです。食品グレードのシリコンなんだそうですよ。

 

それにしてもシローズは、普通の歯ブラシとは全く違う形状。どんなふうに歯に当たるのか理解できません。公式サイトによると「人間工学360度歯ブラシ」と言って、歯医者さんが推奨する45度ブラッシングで、全ての歯を同時に時間短縮で磨ける設計なんだそうです。口に入れると歯の表にも裏にも、隙間なくブラシの毛先が当たります。

 

シローズの歯ブラシヘッド

 

 

 ワンボタンで4つのモード、ケアは時間で自動終了

デザインがおしゃれで、操作もシンプルなのが特徴。指を当てやすいワンボタンで4つのモードを切り替えます。1.ブラッシング(High)、2.ブラッシング(Low)、3.口腔ケア、4.ホワイトニングにそれぞれ、自動終了する時間が設定されています。

 

操作ボタン

 

30秒の音波時短ブラッシング

シローズはわずか30秒でブラッシングと口腔ケアができます。というのも歯科医院で歯石を除去する超音波スケーラーを、誰でもできる音波仕様に設計しているからです。最初はなんでこんなに早く終わるの?と思って何度もスイッチを入れなおしましたが、その必要はありませんでした。

 

舌磨きにも使えるので、口臭の原因となる白い「舌苔」のお掃除ができます。そのときは泡ハミガキでクチュクチュしてから、シローズの片側を舌に乗せて、左右上下に動かすといいそうです。刺激が少ないので舌は痛くなりません。

 

舌磨きには片側を使う

 

泡ハミガキといっしょにLED照射ホワイトニング

ブラシを使う前に、シローズ泡ハミガキを舌に2~3プッシュしてクチュクチュします。なぜなら、ホワイトニング成分に光を照射することでホワイトニング効果が生まれるからです。泡ハミガキならではの細かい泡が歯の隅々に届いて、舌にも密着。殺菌効果が期待できます。

 

シローズ泡ハミガキ

 

 光触媒作用を発生させ、歯を白くする成分はナノ酸化チタン。シローズ泡ハミガキでは酸化チタンを微粒子化(ナノ化)していることで、歯のエナメル質の中の細かい汚れを除去して、ホワイトニング効果を高めてくれるそうです。

15分間のLED照射のあいだに、歯と舌の殺菌とお掃除までしてくれているんですね。

 

酸化チタン配合の成分

 

容器は60ml入りで、コストは1日あたり79円~。スマートホワイトが1回あたり200円~なのに比べたら、かなりリーズナブルです。

 

1日あたり79円のシローズ

 

使用開始!ケーブルがないので使うのが楽でした

それにしても泡ハミガキをクチュクチュした後は、どうやって本体を使うんでしょう。公式サイトで手順をチェックしました。ボタンを押したら左右に動かすのは、ブラッシングのときでしょうね。音波モードは30秒で止まるので、次にまたボタンを押してLED照射ホワイトニングに移ります。

 

シローズの使い方

 

手を使わずに、口にくわえていても苦にならない軽さです。USBケーブルがないので自由に動けるのがいいですね。

 

シローズの使用1

 

LED照射ホワイトニングは、途中から手の支えが必要かな。口の中から唾液が垂れてくきますから、汚れても構わない服を着て、襟元にはタオルを巻いておいた方が安心だと思います。音がしないモードなので、自動終了するのか心配でしたが、ちゃんと15分で青いライトが消えました。

 

ホワイトニング

 

ホワイトニング効果を実感するのに1週間~3カ月

私はシローズを使い始めて2週間。自分なりの磨き方が固まってきました。食後に磨くときは歯間ブラシやデンタルフロスで、歯に詰まった食べ物カスを取り除いてから、泡ハミガキとシローズ音波モードでのブラッシングをします。

LED照射に関してはネットで使用者の口コミを探すと、週に3回ぐらいという人が多かったような。とりあえず私は始めたばかりなので、1日一回やっています。

 

D歯シェードガイド

 

同梱されていた3D歯シェードガイドで色をチェックしながら、前よりも少し白くなってきた?という感じです。

 

いったいどれくらいで変化が訪れるのか、FAQを見ると、実際にシローズを利用した方のほとんどは1週間~3カ月で効果を実感しているそうです。公式サイトには実際利用者満足度93%と出ていました。

 

効果の実感1

効果の実感2

効果の実感3

 

 10日間保証付きで泡ハミガキもプレゼント

 Shiro's(シローズ)はアマゾンや楽天では取り扱っていないので、購入はShiro`s公式ショップ からになります。通常価格は19,800円(税込)が30%OFFの13,800円(税込)。送料無料で10日間保証がついて、普通に買えば3,280円のシローズ泡ハミガキもプレゼントで1本付いてきます。つまり歯ブラシ本体と泡ハミガキの両方で、23,080円が1,3800円になるのは、かなりお得と言えるでしょう。

 

我が家では洗面台にシローズ置き場を確保。そのうちインスタに、真っ白な歯で笑った画像をアップできたらいいなと思っています。

 

シローズ本体と泡ハミガキ

f:id:otona12:20190831105337j:plain