大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

抜き襟はあざとかわいい?メンズライクな春コーデュロイシャツでナチュラルコーデを


抜き襟、袖コンシャス、バックコンシャス・・と、ファッションコーデ用語が次々に生まれます。昭和生まれには理解しがたく、着るのは避けていたのですが、フィフス(fifth )のアイテムを見ていると興味がわいてきます。

 

選んだのは80%OFFクーポンで買えた「ウエストマークコーデュロイシャツ」。メンズライクなデザインです。春先に羽織る薄手のコーデュロイシャツが欲しかったので、ベージュを入手しました。

 

ウエストマークコーデュロイシャツ

ウエストマークコーデュロイシャツ

 

共布のベルトが付いてきますが、これこそ私が着ると昭和コーデになるので使いません。

 

ウエストマークコーデュロイシャツ

 

ほぼ1,000円で買ったシャツですから、過度の期待は無し。畳みジワはスチームアイロンをかけて伸ばしました。広げるとオーバーシャツというだけで、突飛なデザインのようには見えません。素材は綿100%だし、お買い得だったかな。

 

ウエストマークコーデュロイシャツ

 

でも・・普通じゃないものを発見しました。両胸の被せポケットはフェイクだし、着ると袖丈が短いのです。

 

フェイクポケット

 

モデルさんの着こなしを見ると、どうやらネックを大きく開き、襟を抜いて着るのが必須のデザイン。それを想定して被せポケットは腕側に寄っています。

 

抜き襟

 

もともと抜き襟は、和服で「衣文を抜く」着付けに使われた用語。うなじが見えて色っぽい着こなしです。それを洋服の襟で再現するのは「あざとかわいい」と思って避けてきました。私の年齢だとイタいですからね。

 

初体験のアイテムが悪目立ちしないよう、インに黒のタートルネックを入れます。ネックを大きくVに開くと肩が落ちて、袖丈はちょうどの長さ。コーデュロイと相性の良いデニムパンツを履き、ナチュラルコーデにしました。

 

抜き襟シャツのコーデ

 

シャツのボタンを全開にして、襟の抜き方を大きくすると胸ポケットがサイドに寄って、デザイナーの意図する着こなしになります。

 

抜き襟シャツのコーデ

 

こなれ感が抜き襟のメリットだそうですが、肩幅がたっぷりする分、首がほっそり見えるのに気付きました。私は首が太くてタートルが似合わないのですが、横に大きく開いた襟が加わることで、目の錯覚を起こしてくれます。

 

後ろから見たところ

 

 

 

サイドから見たところ

 

中に着るものを白のTシャツに替えましょう。ドゥクラッセTシャツ の夏向けアイテム、「ドゥクラッセTシャツライト/前後二重」を着て、ボトムスはソフトな質感の「甘撚りエアーデニム」(ブラック)を履きました。

差し色には、ファクトリーレザーブランド NAGATANI(ナガタニ) の本革マルチポシェット「SPUR」(テラコッタ)を斜めがけ。

 

ドゥクラッセTシャツとのコーデ

 

甘撚りエアーデニム・テーパード

 

激安アイテムを着るとき、一部分だけでもリュクスなアイテムを身に着けていると、背筋を伸ばせる安心感があります。「SPUR」はスマホポーチに役立つアイテムですが、今はマスク入れとしても活用中。もう一色、春夏向けのカラーが欲しくなってきました。

 

SPUR(シュリンクレザー・エスポワール)

SPUR(シュリンクレザー・エスポワール)