大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

厚塗りのカムフラージュメイクはしない!年齢肌をいたわる美容液ファンデ2種で透明感をアップ


朝晩の寒暖差が広がり、空気がカラッとした季節になりました。年齢肌にとってイヤなのは、乾燥によってシワが増すこと。笑うと目尻にひび割れが入るような、厚塗りファンデは御法度です。

 

厚塗りファンデで目立つシワ

 

エイジングに嘘をつきたくなくて、私は3年前から白髪染めをやめたのと同様に、顔も素肌を育てることに力を入れています。朝晩の洗顔後に必ず、3年以上も使い続けているスキンケアコスメは、 ヒトプラセンタジェル(Placentrex Gel) 。肌の透明感をアップさせるのに、これなしではいられません。

www.connoisseur12.com

さすがにすっぴんで出かけるのは躊躇する年齢。ファンデをつけて、目の周りのポイントメイクはしますが、クレンジングが必要な重たいファンデは使いません。見栄えを良くするための油分や化学物質が、毛穴の奥まで入り込むのを繰り返していると、透明感が失われると思うからです。

 

ファンデ選びで重視しているのは、アイメイクも含めて石けん洗顔で落とせること。有名どころのファンデに比べるとカバー力が落ちようと、毛穴が呼吸できる安心感があります。

 

石けん洗顔

 

今日は手持ちのファンデの中で、いちばん多く使用しているクリームファンデ2つを挙げたいと思います。メイクのテクニックが乏しい私でも簡単に塗れる、下地・日焼け止め要らずのオールインワンタイプです。

 

今あるシワを改善する薬用美白オールインファンデ

目尻の笑いジワは陽気な性格に見えても、眉間に寄った縦ジワは険しい雰囲気。いつもパソコンで仕事している私は目を酷使するので、眉間にシワを寄せる癖があります。

 

「シワ改善」「美白ケア」の効能が認可された医薬部外品、【リンクルケアファンデーション】 LINOKLE(リノクル) が発売されたときには、これだーっ!と小躍りしましたよ。やっと私の年齢まで届いてくれたんだと・・・。

 

リノクル

 

LINOKLE(リノクル)が薬用なのは、美容で今いちばん注目されている成分「ナイアシンアミド」が配合されているから。すでに刻まれたシワを改善できると公言していい、薬事法をパスした成分なのです。

 

しかも1本で9役を兼ねるオールインワンは、スーパー美容液ファンデと言えそう。下がその9役です。

シワ改善、美白ケア(メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ)、保湿、毛穴・シミ徹底カバー、紫外線対策、トーンアップ、化粧下地、エイジングケア(年齢に応じた化粧品などによるケア)

私は洗顔後のデイリーケアのあと、外出するときは殆どLINOKLE(リノクル)をつけています。夜は石けんで洗い落とすだけで、顔にファンデが残ることはありません。

 

使用中のLINOKLE(リノクル)

日本初! シワ改善×美白が同時に叶う【リンクルケアファンデーション】 LINOKLE(リノクル)

 

パール1粒大で顔全体に使えるので、コスパもよし! 指で伸ばした後は、スポンジで細かい部分に広げ伸ばして、下がLINOKLE(リノクル)でのメイクです。つけているうちに、眉間のシワがだんだん分からなくなってくるのに驚きました。

 

カラーは1色のみ。チューブから出したときは色が濃いかな?と思うのですが、「自然な肌色」の通りに薄まって、仕上がりは白浮きもしません。

 

LINOKLE(リノクル)でメイクした顔

LINOKLE(リノクル)でのメイク

 

LINOKLE(リノクル)のもっと詳しいレビューは下の記事にまとめてあります。定期便の購入で2,980円(初回限定・税込・送料無料)ですが、回数縛りは無く、次回発送日の10日前までに連絡すれば、停止・解約が可能です。

www.connoisseur12.com

 

 

メイクしない日でも塗っておける肌色の日中美容液

外出の予定がない日でも、鏡を見たときに気分を上げるには、肌がキレイでいたいもの。ファンデーションではなく、日中美容液 に色がついたタイプを使用する方法があります。

 

下の画像、手のひらに取っているのは シマボシ(shimaboshi )Wエッセンス。ファンデとどこが違うの?と思うでしょうが、朝のスキンケアの仕上げに使う美容液なのです。

 

パール粒大を取ったところ

 

その証拠はチューブの裏を見ると分かります。「日中美容液」と書いてありますよね。下地として使用する場合は、この上から普通のファンデーションを塗りますが、仕上げパウダーだけでも崩れ防止になって、ファンデっぽい見た目になります。

 

日中美容液の表示

 

スキンケアアイテムとして、シマボシWエッセンスが優れているのは、再生医療研究から生まれたヒト幹細胞エキスが入っていること。新しい細胞が生まれるサイクル(ターンオーバー)を健康な状態にしてくれる、エイジングケアの味方なのです。

 

うるおい成分の代表格、ヒト型セラミドも配合。ヒトの皮膚に存在するセラミドと同じ構造をしており、乾燥肌のお助け役として美容液には外せない成分です。シワを浅くする働きも期待されているんですよ。

 

shimaboshi Wエッセンス

 

猫の介護が1年以上続いて疲労が溜まっている私は、血色の悪い肌のトーンアップに、この 透明感アップ&ツヤ肌キープ美容液をいちばんよく使用します。

 

シマボシ(shimaboshi )Wエッセンス

 

一般のファンデよりはカバー力が少ないのですが、粒子が細かいのでしょうか、肌のキメが整えられるメリットを実感します。

 

睡眠不足で目の下にクマが目立つときは、シマボシの後にコンシーラーをほんの少しプラス。使用しているのはAmazonで6,000件以上の評価が集まっている「ザ セム(The saem)」のコーンシーラー(ナチュラルベージュ)です。

 

ザ セム(The saem)のコンシーラー

ザ セム(The saem)カバーパーフェクション チップコンシーラー(SPF28/ PA ) (1.5ナチュラルベージュ) [並行輸入品]

新品価格
¥380から
(2021/10/20 22:07時点)

驚くのは、ほんのわずかな量で足りること。「気は心」程度にポチッと乗せて広げると、目の下のクマが無かったことになります。指についた分は眉間にも広げたりして、厚塗りじゃなくカバーしてくれる優れモノです。

 

目の下にコンシーラーをプラス

 

では、シマボシ(shimaboshi )Wエッセンスを使ったメイクをご覧ください。普段はシマボシを塗ってそのまんまですが、ポイントメイクをするときは、フェイスパウダーを使ってバランスを整えます。パウダーをつけなければマットな感じはなく、目尻のシワは目立ちません。

 

シマボシ(shimaboshi )Wエッセンス

シマボシ(shimaboshi )Wエッセンスでのメイク

 

顔に塗ってスポンジで広げたとたん、肌がパーッとクリアになるのが、この日中美容液 の優れたところ。寝る前に石けん洗顔するまで、一日じゅうスキンケアが続いている安心感もメリットのひとつです。

 

日焼け止めも入って、1本で7役を兼ねる2か月分のオールインワン。定期の初回限定価格は2,800円(税込・送料込み)で、回数縛りは無く、次回発送日の7日前までに連絡すれば、停止・解約が可能です。

 

美容液ファンデ2種

 

静電気が立つほど乾燥する季節は、2タイプの美容液ファンデを代わる代わる使い、ホッと一息の春を待つことになるのかな。

 

誰にでも老いはやってきます。今さえ良ければの厚塗りカムフラージュメイクじゃなく、100歳まで生きる可能性を考えて、ツヤとうるおいを守るメイクで頑張るつもりです。