大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代からの高見え若見えコーデ&エイジングケアのブログ

白い綿のベーシックシャツを選ぶときの5つのルール


1年を通して、私のワードローブに欠かせないのは白い綿のベーシックシャツ。黄ばみや傷みが目立ってきたら、必ずアップデートしています。

 

白のベーシックな綿シャツ



ヘビロテしているのは3枚で、左から順にGU、ドゥクラッセ、Theory。ブランドは違っても、白の綿シャツを選ぶときの共通ルールが5つあります。

  1. 襟が小さめで髪の邪魔にならないもの
  2. 胸ポケットがついていること
  3. ホタンはシンプルな貝ボタン
  4. ブラが透けないこと
  5. ノーアイロンでも着られる素材

 

似たようなシャツのうちで、いちばんお気に入りだったのは1,990円で買ったGUの「ウォッシュ・ブロードシャツ」なんですが、毎年期待していても、この形はもう店頭に出てきません。

 

GU

GU

 

ドゥクラッセ

ドゥクラッセ

 

Theory

Theory

GUのシャツにはシミがつき、生地がヨレヨレになったので、似たタイプが売っていないか探し続けておりました。

そして運良くも、5つのルールに合致したシャツをドゥクラッセ(DoCLASSE )の会員限定セールで発見。7月16日(火)23:59までなので、滑り込みセーフでした。

 

ゲットしたのは「ピュアコットン・ベーシックシャツ」のホワイトで、4,990円が40%OFFの2,990円になっています。

 

ピュアコットン・ベーシックシャツ

ピュアコットン・ベーシックシャツ

 

小さい襟、胸ポケット、貝ボタン、洗いざらしで着られる生地。

ピュアコットン・ベーシックシャツ

 

ボトムスにインしても、ジャケットみたいに羽織っても着られるレングス。メンズライクな仕立てなので、華奢に見えます。

ピュアコットン・ベーシックシャツ

 

さっそく買い物かごに入れて、どうせならと色違いも欲しくなりました。マゼンダ、ネイビー、サックス、ホワイト、レモンイエロー、ブラウンの6色があります。

 

 

 

 

清楚なサックスに惹かれながらも、選んだのは女っぽいマゼンダ。モデルさんのように白の丸首Tシャツの上に、さらりと羽織って着るのが良さそうです。繊細でキラキラ光るアクセサリーをプラスして、ヌーディーなサンダルを履けばクラス感が出ます。

 

マゼンダ

 

ピンクのシャツは下の画像のように、2年前にGUで買ったフレンチリネンシャツを持っているのですが、色が濃すぎるのと胸ポケットがないのが、私としては減点でした。

 

GU フレンチリネンシャツ

 

ドゥクラッセのマゼンダは、ピンクでありながらブルー味を帯びた大人の色。クタクタになるまでヘビロテしても、この色なら洗いざらした風合いに馴染みます。何年も着られそうなシャツをセールで入手できたのはラッキーでした。

 

ピュアコットン・ベーシックシャツ

ピュアコットン・ベーシックシャツ