大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代からの高見え若見えコーデ&エイジングケアのブログ

カジュアル&ドレスアップに兼用できるペイズリー柄のトップス


洋服やカーテン、壁紙などによく使われる柄で、生命力に満ちあふれた柄って、何だと思いますか。答えはペイズリー柄。原生動物や草花をモチーフにした曲線のパターンが繰り返されることによって、人間の心理に安心感を与える効果があるんだそうです。

 

私はドゥクラッセ(DoCLASSE )で7月に買った「UVスラブ・フォルムプルオーバー」のペイズリーが大のお気に入り。日焼けを防ぎ、洗濯してもすぐ乾く素材なので、洗っては着てを繰り返しています。

 

UVスラブ・フォルムプルオーバー

 

私のペイズリー好きは今に始まったことではなく、高級ブランドに凝り固まっていた頃は、エトロのショップによく出入りしていました。貧乏性なのか、高いお金を出して買ったワンピースやスーツは気軽に着るのが勿体なくて、出番が少なかったような。

 

青いペーズリー柄のスーツは、ジャケットを2~3回着ただけで、スカートは未だにプライスタグが付いています。形はカッチリし過ぎだし、上下で着ると銀座のママみたいに見えるのがイヤでした。

 

エトロ

 

この夏は10回以上着たDoCLASSEのペーズリーと比較してみました。3,990円でも、柄的にはエトロと並べて遜色ありません。

 

ペイズリー

 

お出かけ着になるかどうか、ダナ・キャランのロングスカートとコーデしました。ブルータイガーアイのロングネックレスをすると、フレンチレストランのディナーに行っても大丈夫な装いになります。

 

ダナ・キャランのロングスカート

 

同じスカート、同じネックレスで、エトロのペーズリージャケットを着てみました。

 

 

 

 

あら~、マダムの雰囲気が満載です(笑)。もしかしてテーラードジャケット自体が古くさいイメージなのかもしれませんね。

 

エトロ

 

 やっぱりペイズリーはアウターじゃなく、ブラウスやワンピースとして着るのがしっくりくるようです。

 

ドゥクラッセ(DoCLASSE )の新作「スラブ綿・ボートネック7分袖/柄」3,990円を買うことにしました。さらりとしたコットン100%で、二の腕が細く見える七分袖。秋の初めはもちろん、冬でもジャケットやカーディガンの下に着られます。とても上品なペイズリーで、エトロを上回るきれいなブルーに惹かれました。

 

スラブ綿・ボートネック7分袖/柄

スラブ綿・ボートネック7分袖/柄

 

2枚以上買うと、1枚あたり2,990円になるそうなので、オレンジも検討中。デニムパンツに似合いそうです。

 

スラブ綿・ボートネック7分袖/柄

 

名称は19世紀のイギリスで生まれた、由緒ある柄のペイズリー。大人が着るのにぴったりな柄として、一年じゅう着回すことにしました。