大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

歳を取ると似合う色が変わってくる? クローゼットから追い出せない服の対処法


冬物への衣替えが終わったクローゼットを見渡して、新計画が進んでいるかを確認しました。落ち着いた色ばかりじゃなく、ビビッドな色を増やす計画です。

 

目指しているグレイヘアに似合うよう、近ごろ意識して足した明るい色は、ドゥクラッセ(DoCLASSE )「マジカルサーモ・リバーシブル・ウールコート」のマスタード。そしてユニクロ「プレミアムラムクルーネックセーター」のピンクです。こんな派手な色を着ることに最初は不安がありましたが、今は大丈夫な確信を持っています。

 

マスタードとピンク

 

私の年齢になってNGなのは、可愛いさを意識したデザインの服。フリルがひらひらのブラウスや、女子高生っぽい膝上のスカートなんかは絶対にダメです。若作りを通り越してヤバい人になりますからね。

 

フリフリの服

 

もうひとつNGなのは、高齢者向けの通販チラシに載っているような地味服。「もう歳だから」とアースカラーを着た分には、周りの景色に溶け込んで、影の薄いおばあさんになってしまいます。どうしても落ち着いた色が着たければ、ピキッと引き立つ差し色を足すなどの工夫が必要でしょう。

 

オバ服

 

な~んて言いつつも、気に入った服は何十年でも取っておく私ですが、さすがにダメかなと思ってるのがミッソーニのワンピース。ベストが付いて、ボタンのディティールまで手の込んだデザインなのですが、遠くから見るとひどく地味なのです。クリーニングのタグをつけたまま、クローゼットに放置していました。

 

ミッソーニのワンピース

 

 

ミッソーニのワンピース


着てみました。ストッキングでは古臭くなるので、ブラウンのタイツとパンプスを履きましたが、高齢の域に入ったマダムっぽいです。

 

ブラウンとタイツとパンプス

 

最後のあがき(?)で手を加えましょう。全体的にぼやけていたので、ダークブラウンの若向けアイテムを足しました。ニット帽とマフラー、足元はレギンスとショートブーツ。若い人たちの流行要素を加えることで、古臭さが軽減されたと思います。このレギンスは、ユニクロでぎりぎり残っていた1枚をセール値段で買いました。

 

レギンス&ショートブーツとコーデ

 

レギンスで私がマストとしているのは、厚手の10分丈でスリットが入っていること。リブが入っていればもっといいです。シシャモ足が軽減されます。

ただしカラーはブラックを避けます。若い人ならいいんですが、40歳以上だとチュニックの下に履いていた、昔の流行を追っているように見えますからね。どうしてもブラックを履くなら、それに近いチャコールグレーにするか、スリット&リブのタイプにするかでしょう。

 

下のブラウンのレギンスは、靴下屋(Tabio )の「外スリットリブ10分丈レギンス」4,400円。外側にスリットが入っているのは希少価値があります。

 

外スリットリブ10分丈レギンス

外スリットリブ10分丈レギンス

 

とてもしっかりした生地で、1年ぐらいヘビロテできそうだし、このスリットならショートブーツの上に履けます。

 

外スリットリブ10分丈レギンス

 

次はドゥクラッセ(DoCLASSE )の「リブ編みレギンス」3,990円。ハイパワーのストレッチ糸を使用して、サイドに縫い目のない立体編みになっています。エレガントなので大人コーデにぴったりです。

 

リブ編みレギンス

リブ編みレギンス

 

ウエストゴムじゃない仕様なので、心地よくフィット。チクチクしない心配りがされています。

 

リブ編みレギンス

 

 冬になると12分丈のレギンスも出てきますが、女子高生っぽくなるのでおススメしません。あくまでも上品に履けるものを選んでくださいね。