大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

ストッキングは履かない!スカートでも素足でいられるコーデとお手入れ


誰が言い出したのか、女性がストッキングを履くのはマナーだという意見があります。でも歴史を辿ると、江戸時代の後期までは、男女とも人前では素足でいるのが普通だったそうです。フランス人やイタリア人と同じですね。

 

素足の女性

 

私はストッキングが苦手で、いつも素足か靴下、レギンスです。ストッキングを履くのはブラックフォーマルのときだけ。ベージュのパンストなんて絶対に履きません。・・と思っていたら、Domaniのファッションコラムで「昭和生まれがやりがち!BBA見えするストッキングNGコーデ6連発」という記事を見つけました。

domani.shogakukan.co.jp

足に自信がないからと、分厚い肌色、白すぎる色、細見え願望の濃い色などを履いたら、確かに足元だけ昭和になります。じゃ、どうすればいいの?ですよね。

 

私は足が蒸れない体質なので、素足のまま革靴を履いても平気なのですが、靴擦れを防ぐには何か履いていたほうが安心。夏服を着たときの足元をお見せしましょう。

 

ドゥクラッセ(DoCLASSE )で2年前に買った「UVスラブ・ウエストタックワンピース」(オレンジ)に、靴下屋(Tabio )で見つけたショートソックスを履きました。

 

ショートソックスのコーデ

 

 

どうなっているかお見せします。アンクルベルト付きのパンプスを履いているように見えますが、ソックスのマジック。甲の部分は透明で、周りと足首は黒い布なのです。

 

靴下屋のシアーソックス

 

ちなみにドゥクラッセのUVスラブワンピは新作が登場。「UVスラブ・ロングフレアワンピ」はふくらはぎが隠れる丈です。トープというニュアンスカラーが都会的。

 

UVスラブ・ロングフレアワンピ

UVスラブ・ロングフレアワンピ  5,990円

 

夏でもワンピースやスカートには、ここ数年流行しているレギンスが便利です。甲の部分は素足ですが、脱げないカバーソックスのココピタを履いています。

 

UVスラブ・ウエストタックワンピース

 

ココピタ

 

かかとが薄い私は普通のカバーソックスだと脱げてしまうので、次々と買い漁った末、ココピタに行きつきました。それも最初はサイズと形を間違えて失敗。詳しくは下の記事に載せてあります。

www.connoisseur12.com

 

 

 

ストッキングを絶対に履きたくないのは、デニムスカートのとき。下の画像は、スタイルストア の「フレンチリネンVネックプルオーバー」(スモーキーブルー)と「Link Change ネックレス」(ゴールド)、Dsquared2のタイトなデニムスカートをコーデしました。

 

デニムスカートのコーデ

rolca/フレンチリネンVネックプルオーバー 定価 14,960円

Mirisa/Link Change ネックレス  17,600円

 

大人っぽく仕上げるため、足指の付け根が見えるパンプスを履いていますが、生地の薄いココピタはうまくシューズの中に隠れてくれます。

 

そして素足コーデをするために欠かせないのは、ムダ毛処理です。カミソリで剃るとすぐ生えてきてキリがないので、今は自宅で【トリアビューティー】 のレーザー脱毛をやっています。月に2回ペースで顔のムダ毛処理が終わり、次は両足をコツコツと。

何歳まで生足を出していられるか、可能な限りは筋肉を鍛えつつ、見た目が汚くならないよう頑張っていくつもりです。

 

トリアのレーザー脱毛器

トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

 

www.connoisseur12.com