大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

服を育てて着るメリット|デニムパンツや上質ウールのコートは捨てずに育てよう


このブログでよく読まれているファッション記事は、50代女性に向けてのジーンズコーディネート。書いてから2年が過ぎましたが、今でも週の半分はデニムパンツを履いています。初めて履いたティーンエイジの頃から、もう何十本のジーンズを買ったことでしょう。

www.connoisseur12.com

メンズ向けのファッション記事「おしゃれな大人がはじめたこと」に、「リーバイスのジーンズに戻ってきました!」というBEAMSファッションディレクターの画像が載っていました。カッコいいです。

www.webuomo.jp

私もブログでおススメしている通り、リーバイスが大好き! 長い歴史のあるデニムブランドなのに、形が少しも古臭くならないのです。501も701も、時代に合わせたアップデートをしているんでしょうけれど、履くほどに味わいが出てくるのはリーバイスがダントツだと思います。

 

下のコーデはリーバイス501。わざとダブダブのメンズサイズを履き、ウエストをクロコの細ベルトで絞っています。

 

リーバイス501

 LEVI'S(リーバイス) 501

 

下のデニムはLEVI'S MADE&CRAFTED の701。ルーツはマリリンモンローが履いていたジーンズ(モンローデニム)で、ハイウエストタイプの復刻モデルです。

 

リーバイス701

LEVI'S(リーバイス) 701

ドゥクラッセTシャツ・抜け感Vネック

 

私は股下74cmですが、リーバイス701の裾は70㎝で裾上げしました。ロールアップすれば足首が出て華奢に見え、伸ばしたまま履けばブーツにもピッタリの足長効果があります。

アラン模様のフィッシャーマンズニットとコーデして、イギリスやパリのマダムっぽくしてみました。

 

リーバイス701

OandI【オーアンドアイ】 エステルタートルニット

 

 

 

そして寒さが厳しい今の季節は・・・。BEAMSのディレクターがダッフルコートとコーデしているのを見て、さっそく真似ることにします。ただしエルメスのダッフルなんて持っていないので、OLD ENGLAND(オールドイングランド)のピーコートを羽織りました。

インにはワイン色を入れて女らしく。ドゥクラッセ(DoCLASSE )の「Doガード・抗ウイルスロングT/タートル」を着ています。

 

オールドイングランドのピーコート

 

OLD ENGLANDはシンプルなデザインと良質な生地、仕立ての良さで知られる、1867年にパリで創業したフレンチトラッドのブランドです。

 

このピーコートは20年ほど前に購入したもので、我が家のクローゼットではヴィンテージになりました。肘のあたりは擦れて白っちゃけてきましたが、リーバイスのジーンズと同様に、着こむほど味わい深くなる素材感が気に入っています。

 

OLD ENGLANDのピーコート

OLD ENGLANDのピーコート

 

コロナ感染予防を心がける今、つい着てしまうのは洗濯機で洗えるリーズナブルな服。たまには意識を変え、何年もかけて「育ててきた服」に袖を通すゆとりを持ちたいと思っています。