大人かわいい,若見え,高見え

歳を隠すのをやめました

40代50代の格上げファッションコーデ&エイジングケアのブログ

ローゲージニットを3月まで着るためには・・シフォンのスカートと異素材ミックスコーデ


三寒四温の気候は、何を着たらいいか悩みます。冬の代表格であるローゲージニットも、クリーニングに出すにはまだ早いので、コーデするボトムスだけを春らしくする方法を考えました。

 

入手したのはフィフス(fifth )2021春夏アイテム「マーブルシフォンロングスカート」。マーメイドラインの女っぽいシルエットで、グレージュのシフォン生地に、淡いマーブル柄が入っています。

 

マーブルシフォンロングスカート

マーブルシフォンロングスカート

 

薄手なので透け感は「ややあり」ですが、裾まで裏地が付いています。

 

マーブルシフォンロングスカート

 

今回の目的はローゲージニットとの異素材ミックスコーデ。スカートのウエストは出さず、ふんわりとした下半分が見えればOKです。

 

マーブルシフォンロングスカート

 

この冬とてもよく着た、ドゥクラッセ(DoCLASSE )の「イタリア糸・アルパカ混タートルプルオーバー」(ブラック)とコーデします。スカートの色に合わせて、アクセサリーはパールのネックレス。トップスに重みがある分、シューズはブーツを履いて、スカートとの対比をつけました。

 

イタリア糸・アルパカ混タートルプルオーバーとのコーデ

イタリア糸・アルパカ混タートルプルオーバー

 

同じ厚手ニットを、厚手スカートとコーデしたらどうなるかお見せしましょう。ピエロ(Pierrot )の「ウールタッチチェックフレアスカート」(ネイビー)を履くと、真冬の真っただ中。2月はまだ寒くても、飽きてしまったスタイルです。

 

ウールタッチチェックフレアスカート

 

 

 

次は「マーブルシフォンロングスカート」のグレージュに合わせて、ワントーンコーデ。kuih(クイ) の「ウォッシャブルウールワイドネックニットプルオーバー」(ライトベージュ)を上に着ました。顔がぼやけないよう、黒の天然石ネックレスをアクセントにします。

 

ワントーンコーデ

 

もうひとつ、よく着たロングカーディガンでワントーンコーデをします。白のタートルニットの上に羽織ったのは、ドゥクラッセ(DoCLASSE )の「イタリア糸・アルパカ混ロングカーディガン」。

アルパカ素材らしいベージュと、スカートのマーブル模様がマッチしました。透け感のある春夏用スカートでも、2/3が隠れると違和感がなくなります。3月末まではショートブーツで寒さ対策を怠らず、徐々に春物にシフトしていく予定です。

 

イタリア糸・アルパカ混ロングカーディガン