高見え 若見え コーデ

歳を隠すのをやめました

40代からの大人カジュアルコーデ|プチプラ&ハイブランドミックス最新ファッション

スポンサーリンク

禁酒して半年で8kg痩せました

4月で賞味期限が切れたお酒を一気に捨てました。キッチンの流しにドボドボッと、いろんなアルコールが混じって、匂いだけで酔っぱらいそうなので、換気扇のスイッチは「強」です。

 

f:id:otona12:20160511160911j:plain

 

去年の11月から禁酒して半年。それまでの私は、一晩にワイン2本を平気で空けていた飲兵衛でした。寒気がするほど酔っぱらって帰り、悪夢にうなされた翌日から、だらしない自分に嫌気がさしてアルコール断ちをしたのです。

 

冷蔵庫のビール、棚にストックしたワイン・焼酎・日本酒は放置したままで、なぜかノンアルコールドリンクさえ飲む気にならなかった。飲食店には近寄らず、クリスマス、暮れ、お正月だって一人で家に籠って孤独に耐えました。戦うべきはもう一人の怠惰な弱い自分で、立ち向かう意思の力を鍛えるしかないのです。他人の助けで禁酒はできません。

 

ダイエットも運動もしていないのに、体重は1カ月で4kg減、半年で8kg減。血液検査の結果は正常値となり、血圧・尿酸値・中性脂肪の薬はどれも要らなくなりました。お腹こそ出ていなかったけど、血液どろどろの隠れメタボだったんですよね、それまでの私。

 

検査結果の比較。2カ月半でこんなに改善されました。

 

 

 

 

  2015.11.4 2016.1.15
血圧 149/98 103/68
中性脂肪 115 66
γGTP 104 22
尿酸 8.6 4.4

(コレステロール・血糖値は基準値です)

 

 今では服のサイズが11号から7号へ、パンツはMからXSへ。ウエストにはくびれができて、二の腕の振袖肉・あごの下の贅肉も取れました。身長163cm、体重49kgの骨太・筋肉質です。炭水化物を食べ過ぎても体重は増えません。

 

20歳からお酒を飲み続けてきた間に無くしたものは多かったけれど、還暦を過ぎて生まれ変わった今、きっと得るものは多いと信じています。何より心が荒れなくなりました。飲まない私を誘わなくなった人たちとはさようなら。誕生日に花1本くれなかった彼氏にもさようなら。もっと綺麗になって見返してやります(笑)

 

追記:2017年11月21日

 

これが禁酒直前の写真。むくんで肌も汚かった 2015年11月です。

f:id:otona12:20171121192341j:plain

 

これが最近の写真。2017年8月です。相変わらず自宅ではアルコール厳禁ですが、真夏でもビールすら興味がなくなりました。お付き合いで週に1回ほど、外出先で飲む程度です。

f:id:otona12:20171121192453j:plain

 

これは2017年10月。講談社の雑誌「おとなスタイル」で、プロカメラマンに撮影して頂きました。お酒をやめて大正解。体つきはもちろん、どんどん肌も若返っています。

f:id:otona12:20171121192910j:plain

 

コンビニのスナック菓子も一切買わなくなり、おやつにはローストしていない生アーモンドを定期買いして食べています。

ミランダカーや石原さとみも持ち歩いているアーモンドは、ビタミンE、食物繊維、オレイン酸、ポリフェノール、ミネラルを豊富に含む美容食&ダイエット食。満腹感があって、口寂しいときには味方になってくれますよ。

 

f:id:otona12:20180824214119j:plain

 

 

お酒=悪ではありませんが・・

お酒を飲み過ぎることで自己嫌悪になっていませんか。でもお酒の席での失敗は、知らない自分がやらかしたことでなく、むしろ本当の自分が表に現れての行為です。目をそむけてはいけません。飲酒が悪いことだと思ってしまうと、大切な自分まで否定してしまいますよ。

 

大事なのは正直になること、目をそらさないこと。お酒を飲まずにいられない自分の潜在意識を正視することで、禁酒外来などに行かずとも、やめよう!と思う気持ちが湧いてきます。

TOKIOの山口達也さんの一連の騒動から思ったことを書きました(2018年5月1日)。

 

www.connoisseur12.com

 飲み過ぎ=デブ・ブス・ババアへの下り坂

アルコールをやめると痩せるという口コミが広がり、禁酒ダイエットが流行しいるようです。私もこの記事に書いているように、アルコール断ちで痩せた1人ですが、顔のたるみが取れ、二重アゴがなくなり、若くなったと言われるようになりました。

 

お酒の飲み過ぎは、デブ・ブス・ババアに向かって坂道を転がり落ちていくことだったと気付き、今は外出したときに、付き合いの席でしか飲みません。

女性にとってお酒は諸刃の剣。キレイでいるためには上手な付き合い方が必要だと思い、経験したことを書きました(2018年9月4日)。

 

www.connoisseur12.com